ふたご日和

フタゴ亭の耳より情報や楽しい事いろいろ

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 パワースポットじゃーー!

みなさ~ん!!
お店の隅に作った旦那の力作!
パワースポットへようこそ……。
Image1048~00

いろんな仕掛けがありますよ~!
さっそく覗いてみましょう…。(人*´∀`)


……………(* ´>艸<)゛=3

何度も挿しては、箱の中で行方不明になるペンを
サッと使える様にする為の
苦肉の策らしいのですが……

いかがでしょう……?
この手作り感一杯のペンホルダー……。
真似したくなったでしょ?


何年も前に市場で貰った「だしの素」の箱を
ガムテープで補強して……


そこにフタゴ亭オリジナルの箸袋で作った
ホルダーをセロテープで
ペッタペタ貼付けてます。

その端っこには、
亡くなった母の携帯電話に
付いてたリンゴちゃんをちょこっと飾ってます。


軍艦「三笠」や阿修羅のチケットも
大事に貼付けてて……
Image1054~00
思い出コーナーでもあるようですね~


「なんか臭いね!」と誰かが言うと、
必ず「俺の口がくさいんや!」
……と自ら潔くカミングアウト!


そんな旦那のオヤジ臭対策!!
Image1052~00
車の中も家でも必ず転がってて
切らした事がありません。

昔で言うところの、仁丹かな?





あやや………これはエコですね~。
Image1053~00

料理のレシピやら新聞の切り抜きを
鰹節の袋に種分けして収納してます。
その中に………んんん?………

やっぱ気になるんだ~
Image1055~00

虎年生まれの有名人は、すご者揃いですよ~

吉田松陰・徳川家康・マルクス・ドゴール‥‥‥
………そして何を隠そうこの私も虎なのです。

へ~
私が生まれた年1962年にキューバ危機があったんだ。
寅年は、過去の出来事を振り返っても
争いごとの多い年なんだって!

政治が暑くなる年でもあるらしい!ふ~ん(人´З`)

って、そんなどうでもいいミニ知識は置いといて……、

びっくりしたのは、この爪楊枝…。
この前買ったばかりなのにもう無くなってる。
男の身だしなみだかなんだか知らないけど……
Image1057~00
使いすぎよ~
どんだけオヤジ臭気にしよん!


かと思えば………、


取引業者から届いた請求書に貼ってあった
キティーちゃんの切手を大事に取ってたりする
乙女な旦那……。
Image1056~00

消印がなかったから……
と言う言い訳ですが、

先日ヤクルトのお姉さんから貰った
ミルミルのキティーちゃんを手にして
「かわいい~( ´艸`).。o○」って言ってた旦那を
私は見逃しませんでしたよ。


……………ふかい……ふかいなあ~。

旦那と言う人間の奥深さ……。

22年以上もの付き合いがあっても
未だ新鮮に感じるのは、
旦那がいろんな面を持ってるから……!


最近になって郷ひろみの大ファンだって事を知って
男がかよ!と思ったし……。

中島みゆきの歌が泣きのツボだって事も先日判明!

そしてキティーちゃんが好きだったって事は、
今日確信しました。

なんかいやらしい物でも出てくればねえ………

ブログをご覧の皆さんに
喜んで頂けたでしょうに……?

へへっ……残念!残念!

また何か面白い物でも出て来たら
報告しまーーす。

旦那がこっちを気にしてるんで……またね!


illust-rabbitcafe-6.jpg



〈おまけ〉

岡山より桃桃桃ーーーーーーっ!
Image1044.jpg

今年は、甘くて美味しかった!!
岡山の姉におねだりして
送ってもらいました。
Image1044~01
全部で9箱……!!どひゃ~!

冷やしてかぶりついて食べて……
シェイクにして飲んで……
常連のお客様にお出しして……
お店のスタッフにお裾分けして……
………、

残りは、真空包装して
シロップ漬けにしました。




………完食!

岡山のおねえさん!また来年もよろしくねーーーー!!!






スポンサーサイト

| フタゴ亭 | 23:21 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 久留米ラーメン「沖食堂」

久留米のおへそ……石橋美術館は、
野中公園という大きな庭園の中にあります。

美術館の中にある休憩ルームから
素敵な池を眺める事ができて

美術館を出たらぜひ歩いてみたいと
思ったんです。
Image1064_20100815172315.jpg

ここに睡蓮でも咲いていたら、
間違いなくモネの庭になるところです。
奥の方にかかってる橋は、
かなりそれを意識してるように感じました。

花壇もターシャの庭のように
自然な感じ……。
Image1066~00
のびのびと自由に咲いてます。

途中こんな飛び石があって……
Image1065_20100815172948.jpg
池を覗くと体長1メートルくらいの大きな鯉が、
うじゃうじゃ泳いでてキモかった!!
落ちたらこいつらの餌食になるんだ!と想像すると
体が震えました。鯉大嫌い!!


しかしなかなかセンスのよいお庭でした。
コンセプトもしっかりしてて……
美術館らしい絵になるお庭でしたよ!
ホントならおしゃれにお茶でも飲みたいところですが…

お腹も空いた事だし………
久留米と言えばやっぱりラーメンと言う事で、

あの福岡でも1、2を争う名門校「明善高校」の
すぐ裏にあるラーメン屋さんに行く事にしました。
Image1054.jpg
「沖食堂」
住所/福岡県久留米市篠山町330[地図]
電話/0942-32-7508
営業時間/10:00~15:30
定休日/日曜日・祝日
駐車場あり

まずは、メニューをご覧ください!
menyu-
ラーメンは、驚きの360円です。
そして、この「支那うどん」ってのが
どうも気になる……。
ラーメンのつゆで食べるうどんって事?

チャレンジしたかったけど
せっかく久留米迄きたんだから……

やっぱり有名な久留米ラーメンを注文しました。
Image1052_20100815183938.jpg
スープはあっさりとしていて……
それでいてコクがある深い味でした。
麺は固麺を食べつけているせいか
少し柔らかく感じました。

ラーメンと同じく
焼き飯を頼むお客さんも多かったので
それもお願いして……、
Image1051_20100815184851.jpg


そしたらお豆ご飯の……
お豆が半端ない量だったので
そのおにぎりも頼みました。
Image1050_20100815184842.jpg

この豆ご飯は、かなりお勧めです。
塩加減も程よくて…
豆好きにはたまらない一品です。
必ず注文してくださいね!
一個60円です。やすいでしょ?!

う~ん高校生御用達だけあって、
安くて美味しくてボリューム満点!!!

いっぱい注文しすぎて
最後は、ちょっと苦しかった=3


これだけ食べて合計1260円ってんだから、
さすが久留米……B級グルメ天国だ=3


もう一回行きたいなあ~
そう思わせる魅力たっぷりのお店です。

流行るお店の駐車場もBIG!!
Image1056_20100815190920.jpg
端から端迄ずっとです。
フタゴ亭も駐車場がほしいなあ~
この環境が羨ましい……。


創業55年の老舗中の老舗……。
Image1049~00

来て良かった!!
悪天候だったので並ばずにすぐ食べれました。

あっという間に
お盆休みが終わりましたね!
仕事のスイッチが中々入らない人も多いでしょう……
なにせ、この暑さ…残暑はまだまだ続きそうです。


。。。。。。。。。


娘がアメリカからもうすぐ帰国します。
年内家にいるそうですが、
来年早々には、次なる目的を達成すべく
家を出る計画らしいのです。

「おかあさん!おかあさん!」って
うるさいくらい後を付いていた頃が懐かしい。

子育てはあっけないものです。

ホントつまら~ん!


……………………………….



8月14日(日本15日)
ついに夢の大舞台です。
DCI 2010 World Class Finals
ここに立てた喜びを、
娘は噛み締めながら演奏している事でしょう。





| グルメ | 17:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 石橋美術館「古賀春江の全貌」

今年になって初めての台風……。
なにしよう…と考えてたら、
「博物館か美術館に行こう!」
って旦那が珍しく言ってくれました!!

よっしゃーー!!

行きたいな~と思いつつ…
久留米迄の距離を考えると
なかなか言い出せなかった…
石橋美術館の「古賀春江」展に
連れて行ってとお願いしてみました。


。。。。。。。。。。。。


中学校の頃、
ブリジストン工場とセットで
社会見学した思い出の場所です。
Image1057_20100812202940.jpg

教科書でしか見られない
有名な絵の実物を間近に見て
幼いながら、すごく感動したのを覚えてます。


絵を描く事が好きだった私……
35年後、まさかお好み焼き屋になるとは、
想像もしてなかったでしょう。


そしてその間ずっと……
古賀春江が女性だと思い込んでました。
……だって春江だもん。
会場のあちこちで「男だったんだ~」の声もちらほら…。
私だけじゃなかった!!( ´艸`)


結婚前に旦那と行った、
「1920年代の日本展」でも
古賀春江の絵はすごい印象的でした。

1920.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーー

水彩は長編小説ではなくて詩歌だ。
そのつもりで見てほしい。
水彩は、その稟性により、
自由にして柔らかに而して
淋しいセンチメンタルな情調の象徴詩だ。
そのつもりで見てほしい。

  「水絵の象徴性に就いて」古賀春江

ーーーーーーーーーーーーーーーー

なかなかうまい事言うな~

ホント……、
水彩画はセンチメンタルの一言に尽きます。
yoshie.jpg
「好江夫人像」

彼の描く女性は、
どことなく冷たく……
のっぺりと血の通わない印象ですが……

奥様のお顔はとっても優しく
イキイキと描かれていて
彼の深い愛情を感じる作品です。



キュビズムの画風に影響を受け、
彼は、水彩を使いそれを描きました。
花
「花」

私好みの色調……。

春江は、この淡くて沈んだ色が
好みだったようです。
ほとんどの作品が、この色使いで描かれてました。


そして油絵の作品も平行して描かれてます。
油花



やがて時代は、シュルレアリスム…。
犬
「素朴な月夜」

彼も夢のような……
空想の世界を描いて行く様になります。

晩年近くには、
あの有名な「窓外の化粧」や「海」を手がけ……。
化粧 海

ヨーロッパの新しい美術を
猛スピードで吸収し、
どん欲に描き続けた彼の画風は、
短い画家人生の中で
次々に変化して行きます。

油絵60点、水彩画60点、スケッチなどの資料60点と
見応え充分の内容でした。

最後に彼は、画家の傍ら詩人でもありました。
絵と同じタイトルでかかれています。
その中で「窓外の化粧」に添えられた詩を紹介します。



晴天の爽快なる情感

蔭のない光

過去の雲霧を切り破つて

埃を払つた精神は活動する

最高なるものへの最短距離

溌溂として飛ぶ――急角度に一直線を

計算器が手を挙げて合図をする

気体の中に溶ける魚

世界精神の糸目を縫ふ

新しい神話がはじまる。




難しい………けど、
彼なりの
詩の世界でのシュールレアリスムな表現なのでしょう。

まったりと詩情に慕った1日でした。

よかったよかった!!


〈古賀春江のエピソードは、こちらをご覧ください〉


その後美術館内の公園を散歩し、
昼食を食べました。

その様子は、またあした!!(o゚з゚o)ノ
覗いてね!!

| 趣味 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 原爆の日

龍馬伝が、亀山社中の下りに入った事で
今年の夏休みを長崎で過ごそうとお考えの方も多いでしょう。

市街地では、数々の催しが開かれ
賑わいを見せています。

……でも、

こんな日が、訪れようとは……
65年前の今日8月9日に
一体誰が想像できたでしょう。

まるで地獄絵を見る様な日々…。

話を聞くだけでも震えがくるのに、
実際に体験した人は
想像を絶するほどの恐怖と悲しみに

65年過ぎた今もなお
深い心の傷に苦しんでいるのです。

…………………。

大学を出て
私は、小倉の小さなデザイン事務所で
広告の仕事をしていました。

まだペーペーの頃だったので
任された仕事は、サラ金のチラシ。

結構自由にさせてもらってたので
得意のイラストなんかを使って気楽にやってました。

ところがある日
8月の原爆記念日に折り込まれる
チラシの依頼に体が震えました。

チラシ半分に平和祈念像のイラストを
描いてほしいと言うのです。
平和祈念像
〈平和祈念像〉

金融業のチラシに使う事さえ
止めてほしい記念像に

今度は両手に札束を持たせてほしいと
言い出したからもう我慢できない……。

社長に抗議しても
悪趣味だけどしょうがない!
描きなさいといわれ……

泣く泣く描いたのを思い出します。

バブル期全盛の1980年代前半
何でもありだった時代……、
サラ金広告が堂々と新聞を賑わしてた
悲しい頃の話です。

あの祈念像を作った作者の気持ちを知っていたなら
こんな事を頼めなかったはず。


。。。。。。。。。。。。。。


〈平和祈念像作者の言葉〉

あの悪夢のような戦争
身の毛もよだつ凄絶悲惨

肉親を…人の子を…
顧みるさえ堪え難い真情
誰か平和を祈らずにいられよう
茲に全世界平和運動の先駆として
この平和祈念像が誕生した
山のごとき聖哲
それは逞しい男性の健康美
全長三十二尺余
右手は原爆を示し左は平和を…
顔は戦争犠牲者の冥福を祈る

是 人種を超越した人間
時に仏 時に神

長崎始まって最大の英断と情熱
今や人類最高の希望の象徴


。。。。。。。。。。。。。。。


今が平和でいられる喜びを
もっもっとと感じて生きて行かなければ……
被爆者の方に申し訳ない…。

人の痛みが分かる世の中になってほしいと願うばかりです。

| 未分類 | 13:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 お別れの時

昨日の定休日。
岡山の叔母が亡くなり
告別式に出席しました。


亡くなった母が、
いつも頼りにしていた
面倒見のいい叔母でした。


叔母達が九州に来てくれた際は、
車で送り迎えするのが私の役目。

わずかな時間でしたが、
本当に楽しかった!!

叔母の家にも2度伺った事があります。

出先で偶然お会いした事もありました。

たったそれだけのこと……

叔母は、私を誰の嫁かも分かっていない。

そんな短い間のおつきあいでした。


でも、
私は、飾らない気さくな叔母が大好きでした。

そしてこんな事なら
もっともっとお話したかったと
後悔ばかりしています。



…………………………。



別れは、突然です。
ある程度の覚悟はしていても
昨日迄元気だった人が
全く動かなくなるのだから……。

残された家族は、
こんな事なら……と日々後悔に苦しむのです。


私が高校2年のとき
父方の祖母が「膵臓がん」で亡くなりました。
小さい時は一緒に住んでいたのですが、
父の仕事の都合で
私たち家族は関西へ引っ越すことになり、

祖父、祖母を広い家に置き去りにして行きました。

病気は、その1年後に発症したのです。


祖母が癌って事を知らされたのは、
亡くなるちょっとまえ……。
体の中心がくだける様な
支えなしで立てないほどショックでした。


それ迄何回もお見舞いに行ってるのに
いつか元気になるって思ってたから……
気の利いた言葉を一つもかけてあげれず、

無神経な質問やらを
沢山したような気がします。


いとこのお姉ちゃんやらは、
もう働いていたので、
旅行へ行ったり、贈り物をしたり、

いっぱいおばあちゃん孝行してあげれたけど……

私は、おばあちゃんにしてもらってばかり。
甘えてばかりで何もしてあげれなかった=3

優しい言葉もかけてあげられずに、

しんどい思いを一杯させて
どんなに不安だっただろう……。

おばあちゃんの冷たくなった頬をさすって
ごめんね!ごめんね!ってただひたすら謝った事を
今も心の奥にしまい込んでいます。

後悔は辛い……。

どんなに願っても、
生き返るはずのない人に……
ひたすら「こうしてあげれば良かった」
とか、「戻って来てほしい」とか、
「もう一度お話ししたい。抱きしめたい!」って
思い続けるんだから……。

私は、1ヶ月近く思い続けました。
体調を壊すほど……。

で、ある夜夢を見たんです。
「あんたが、帰って来て!って思い続けるから
おばあちゃんは、成仏できないでいるんよ!」って
おばあちゃんのお姉さんって人が夢で訴えるんです。



……………。


で、私は心に刻みました。
これから出会う大切な人の
もしかしかしたら最後であろう時に
持てる精一杯を尽くそう!

後で後悔しない様に
笑って見送る事ができる様に……。

決して不安な思いをさせぬよう、
にっこり笑ってバイバイできるよう……。


そんな気持ちのまま30年が過ぎ
最初に出会ったお別れが、旦那の母だったのです。


4人兄弟の次男の嫁でありながら、
母が近くにいる事をいい事に
出しゃばって親孝行のまねごとを
思いっきりさせてもらって
他の兄弟には、感謝の気持ちで一杯です。

「ありがとう」と皆に言ってもらいましたが
それは、私の言葉です。

もちろん母の事は大好きだったけど……
でもこれは、自分のためにやった事でもあるんです。

思ったうちの半分もできなかった親孝行だけど……
後悔はしません。

悩むと母が夢に出て

「そんなに悔やんだら心配で神様の元にいけないよ~」
ってきっと言うに違いない。


生前母が言った数々の言葉を胸に
今はこの思いを自分の両親につなげています。

このブログをご覧の皆さん!!

大切な人には、いつ別れが来ても
後悔のない様に
精一杯を尽くしてくださいね!!

さよならが笑って言えるよう……
それが最後にしてあげれる
大切な人へのプレゼントなんですから!!

……………


先日ある人に心ない事を言われて……
実はちょっと落ち込んでいたんです。

でもやっぱり自分は間違ってない!!

弱気になった自分に自信をくれた
そんなあったかい叔母の葬儀でした。

ちょっとしんみり……。
楽しくない話でしたね!!
ごめんなさい。








| 旅行 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。