ふたご日和

フタゴ亭の耳より情報や楽しい事いろいろ

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 IKEAに行く前に……

9月3日の引っ越しから20日。
なんとか…やっと落ち着きました。


今から7年前…………
6畳・6畳・4.5畳の家から
6畳・4.5畳・4.5畳の狭いアパートに引っ越して

置ける家具を最小限にしなければならないから
ほとんどの嫁入り道具を処分しました。


ところが一転!!
今度は、11畳、4.5畳、8畳のキッチン、12畳のダイニングです。


引っ越しで新居に持ち込んだ家具は、
ソファと冷蔵庫、空調などの家電だけ。






ひゃ〜……。

いざ引っ越してみると
だだっ広い部屋にぽつんとソファひとつ。




予算は無いしどうしよう……。





と悩んでいる時に
グッドタイミングでIKEAオープン!!!!



今回とっても役立ちました。





IKEA のいいところは、
お手頃価格と高いデザイン性。

今まで買いたくても手が届かなかった
おしゃれなデザイナーズ家具が
ちょっと頑張れば手に入ります。



しかし………、



安いからといって
衝動買いは禁物です。


小さいけれど……
落とし穴がちょくちょくあって

その一つが、日本の住宅事情です。



家具や収納グッヅには、
壁を利用する物が多く

穴を開けれない借家にお住まいの人や
つけたいところにベースの木がなくて
ネジを打ち込んでもすぐ抜けてしまうという
イージーミスに何度も泣かされました。




次に………、
説明書の冒頭に書かれている
組み立てに必要な人数です。


どんなに組み立てに自信があっても
2人と書いてあったら
絶対2人で行ってください。

……説明書通りにしないと
途中で絶対後悔します。


テーブルの脚を折ったり、
ねじが曲がったり

重くて持ち上げられず
作業がストップしてしまいます。


一人暮らしで……
家具を組み立てようと必死で持って帰り
段ボールを開けて中身を見れば、
「2人で組み立て」というイラストがあると
寂しさ倍増!がっくりします。
購入前に確認が必要です!



今回の買い物で
ねじ穴があいてなかったり
六画ねじの穴も塞がってたり
針金のネットが折れてたり

そのたび組み立てが途中でストップし
再びIKEAに行かなければならないという
二度手間にも泣かされました。

だからといって店員さんは、
「一階のねじコーナーでお尋ねください!」と一言だけ。

こんなの日常茶飯事さ〜!って感じであしらわれます。

なので……

よくある事だし仕方ないよ!!と
おおらかな気持ちで受け止めてくださいね!




組み立てで大変だったのは、引き出しです。



組み立ての喜びは、出来上がり!
大変な作業もできばえを見たい一心で頑張れるんです。



でも……引き出しがいっぱいの
家具は、……途中でうんざりしてきます。
同じ事を何度も何度も繰り返して………

やっと作ったと思えば……1行程飛ばして
引き出しがスムーズに入らずやり直しって事もあって

心が折れそうになりました。



…………とまあ、悪い点ばかりあげましたが、


もちろんいい事もあります。





収納グッズは、どこよりも安いです。
水回りの小物もゴミ箱も

キッチングッズもシンプルで使い勝手がいい!!!


白夜のある国なので、
明かりに関しては、品揃え抜群です。



フタゴ亭も使っている食器類も
安くてシンプル!
ただ……ちょっと割れやすいかな〜
それを考慮しても安いですね!!

包丁も使っていますが、
988円シリーズでも十分プロ使用でいけます!


ファブリックは……
少々飽きました。でへっ!!
それは飽き症なこの私の性格が問題であって、
とてもカラフルでかわいいです!!



そして麻や綿の無地生地は、どこよりも安いので
たくさん買いだめしてます。


カーテンレールの棒は、弱いのでちょっと不安!
しなって真ん中が沈みます。
……でもどこで買うよりやすくてシンプルだし、
取り付けも簡単でした。


椅子は、今回2脚買いました。

欲しかった椅子とそっくりの形が
5分の1の値段で変えたので即決!!

座り心地はまずまず。
でも欧米企画なので、ちょっと大きめ!
おちびちゃんは脚が浮いてしまうかも…です。


ベッドも買いました。
90日間使って寝心地が悪ければ返品可能!を唱ってるだけあって
ベッドに関しては自信があると思われます。

今のところ一番安いベッドを買いましたが
文句のつけどころは全くありません!




〈我が家のIKEA家具の一例〉

IMG_0772.jpg
引き出し作りにうんざり〜!
大きな折り紙を折るような感覚で作ったチェスト!
A4の紙がすっぽり入って、
物の出し入れは良好です!

ライトもズッシリ安定感があって満足!

天板と脚を合わせても
3000円でおつりが来ます!

椅子は、妹が捨てると言ったお古を
譲り受けて色を塗って使っています。



手芸好きな私は、
作業中放っておいても家族に迷惑をかけないように
こんなスペースを無理矢理つくりました。

押し入れの扉をぶっちぎったんです!!

ワイルドだろー!(ちょっと古いかしら?)
IMG_0763.jpg
この6段の白い引き出しに苦労したんですよー!


引き出しの中に
スパイスを収納するためのトレーを並べて
糸を収納してみました。
IMG_0768.jpg



これは、お値段以上!!のクオリティー!
シンプルで座り心地最高の椅子!
IMG_0765.jpg


テレビまわりにいつもゴチャゴチャ置いてる小物などを
スッキリさせたくて組み立てたラック。
IMG_0767.jpg
結構力仕事でしたが、娘2人で1時間ほどで組み立てました。
しかし…このラックのネジが不良品だったので
正確には、1週間と1時間です。



IKEA家具のリメイクも挑戦しました。

奥行きの浅いチェストです。
3880円でした。

家を出る前に
いろんな事をチェックするコーナーがあると
いいかな〜と思って買いました。

ハンカチや貴重品などが入ってます。

ビフォー
rast-chesuto-yin-ki-chu-shi__25877_PE057109_S4.jpg

      

アフター
IMG_0735.jpg

オイルステンが黒すぎて
イメージ違うんだけど……
角材の脚をつけて
丸い取っ手を変えてみました。

リメイク費用に2000円もかけちゃって
新品買えるっちゅうに……
やれやれ〜ご苦労さん!!って感じでした。


リビングのテーブルも
IKEAでコーディネートです。

IMG_0764.jpg

天板は、1000円代から10000円代まで
脚は一本200円からです。

キッチン用ステンレスの天板をあえて
リビングに使うところがいいでしょう〜?


気に入ってます!



当分IKEAはいいかな〜


ザリガニ料理も食べた事だしね!!

184014_226724270786766_1957547541_n.jpg



配送サービスは、
家具の合計の重さが100キロまで3000円だから

お店の人に相談しつつ
持って帰れるものと配送する物とで
わけて購入しました。

出かける前に
家具を置く場所や収納スペースなどを
キチッと測っておきましょうね!!





レストランでは………、
アップルケーキ以外のスィーツは、
めちゃくちゃ甘いので要注意!!
ブラックコーヒーとご一緒にどうぞ〜!!




IKEAをエンジョイするための
注意点は、まだまだありますが、
取り急ぎ思いついた事を書いてみました。

ご参考までに……。





ーーーーーおまけーーーーー

友人の誕生日にお人形を作りました。
IMG_0741.jpg
25年ぶりの再会で、
当時の彼女のイメージで作ったので
ピンとこなかったかもね〜

スポンサーサイト

| お買い物 | 17:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 懐かしのファックス通信(4)

オウム事件で麻原が捕まった日
朝から晩までテレビにかじりついて
その様子を見ていた祖母が、


小さくつぶやいた。


「こんなに大騒ぎするなんて
   よっぽど大きい鳥なんやね……………」






そんな…祖母の娘である母も
最近は祖母の生き写しである。




今回はその母の事を綴ったファックスに
スポットを当ててみようと思う。



つい先日大好きな大濠公園に行って
「歳をとったらいつかここに住むのが夢なんよ!」

と老後の夢を語った母……。


母の老後とは、一体いくつの事を言うのだろうと
妹と大笑いした。



毎日朝から晩まで韓流ドラマを見尽くしては、
十代の少女のように胸をときめかせている
アラエイティー79歳の母なのだ。






IMG.jpg


忙しい中走り書きしてるので
誤字が多いな〜

すべて嘘のような実話。

娘が19歳の頃書いたので……
5年前の記事になる。


ベーグルサンド大人気だったな〜
高菜の焼き飯と豚汁……熱々をお届けしたくって
ギリギリの配達。皆さんにたくさん迷惑をかけた。


懐かしい〜!





最後に………
最近の母のマイブーム。

IMG_0278.jpg

卓球でーす。



悩みは、相手が居ない事。

なので〜
家に来る人はみんな
ピンポンの餌食にされるので
要注意なのだ!!!へへへ


| フタゴ亭 | 09:59 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

  神さんが見ている。

前回に続き……、
新聞の切れ端より…。





信仰深い家に嫁いで
わからない事だらけな中……
わかって当然のように宗教の教えを強要されてしまったと
悩みまくった新婚当時………、



「待てよ…これって理解できるよね!
 信じて損はなさそうかも…」と思ったきっかけのエッセー。


神に見放されたとお嘆きの方がもしおられたなら
ぜひ参考にしてほしい。






ー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


「ことばと教育」連載11話

 神さんが見てる

 末延岺生


大江健三郎さんがノーベル賞をもらった。
大江さんの口癖は、「神さんが………」だそうである。
小説にもたびたび出てくる。

家庭での大江さんは、
ことあるごとに三人のお子さんの前で
この言葉を繰り返したに違いない。

そんな人がノーベル賞をもらったのだから、
まさに「神さんのお陰」「神業」である。

たとえ信仰の無い人でも、
神仏に祈った事は誰でもあるだろう。
祈らないにしてもせめて
「神仏に祈るような気持ち」になった事はあると思う。

「困ったときの神頼み」が、
どこまで叶えられるかは、「神のみぞ知る」ところだが、
いつも心に神さんを抱いている人は、
今はやりの無線電話(携帯電話の事だと思う)の様に
歩きながらでも神さんと話が出来る。

ところが…

神さんと出会うことが、
「ラクダが針の穴を通るくらい難しい」人が居る。
お金や物ばかりありがたがる人に多い。

今は、大人も子供も、
神さんとのコミュニケーションが
プッツンしている時代かもしれない。

人間死ぬ直前になって初めて
神さんを知るようでは、遅すぎる。

亡き母には口癖があった。
家族に良い事があると「神さんのおかげや」と言い、
私たち息子の行動を抑制する時には
「神さんが見ている」と注意を促した。
目には見えない神さんの働きをテレビの電波に例えて、
どうすれば神の存在を証明できるかを
私たちに一生懸命説いてくれた。

「人間には電波は見えないけれどテレビの画像は見える
 誰でも電波を受ける装置が備わっているのに
 心のスイッチを切っているから画像が見えない。
 絶えずアンテナを磨いて
 心のスイッチをオンにしておく事が大事だよ」

こんな話もしてくれた。

「机や椅子は、目に見える。
 親切、愛情、正直、感謝は、目に見えないが実際にはある」と…。

これらは、抽象語と言われる。

私は、見えない物を感じたりわかるようになる事が、
本当の大人になる事だと思う。

「神さん」も抽象語で目には見えないが確かにある。

それがわからない人には、
いつまでたっても「神さん」が見えるはずも無い。

また母は、「紙は神さん」とよく言っていた。
「紙を大切にしている人は、紙を使う職業に就ける」とも話していた。
大江さんも、小さい頃から紙を大事にしていたのであろうか。

紙は紙幣につながる。

私の大学は、商業系なので、
講義の中でお金の説明をするときには、
「紙は神さんだからな。大事にせないかん」
と口を酸っぱくしている。

ところが何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。
ある幼児は、親からいつも
「神さんが見ている」と言われ続けたため
おびえて眠れなくなったという。

神さんをダシにして
子供を脅かしたり
先生の威厳を示すために使うのはよくない。

それこそ、神さんが見てるゾ〜



1994年11月13日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






現在私たち夫婦は…
母が熱心に信仰していた宗教から遠ざかっている。

母が亡くなって
お金や物など……目に見える物ばかり要求されて
うんざりしてきたから……。


でも信仰していた母と過ごせた事は
私の中での宝物。

旦那の家の宗教がいやで
結婚寸前で別れた彼女も居たらしいけど

知らずにまんまと結婚した私は
とってもラッキーだったってことかしら?

お母さん!ごめんね!
でも心にいつも神さんがいて
心のスイッチをオンニしているから…



許してくれるよね!!




この記事を読んでくださった皆さんにも幸せが訪れますよう……
しっかり見ていてくださいね!!神様!


| 未分類 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 もったいないは、いきていますか?

亡き義母は信仰深く、
結婚したばかりの未熟な私に
いろんな事を教えてくれた。

あれから25年。

当時は耳障りとも思える母のお説教も……
今は懐かしく、
50歳をむかえた私にとっては、
その言葉一つ一つが宝物に思えて
最近になってようやくその言葉の重みを
理解できる様になった気がする。








今回……引っ越しの片付けで
神棚の奥でしわくちゃになった新聞の切れ端を発見!

母がいつも口にしていた内容が
そのまま新聞の記事になってたので
ブログに紹介する事にした。



今日本人が最も大切にするべき事ではないだろうか……。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「もったいないは、いきていますか?」
 
       神戸商科大学教授
       末延岺生

「もったいない」は、日本独特の用語といわれる。
「無駄な」「不経済な」という言い方なら外国語にもあるが、
そのままのニュアンスを一語で伝えるのは難しい。
起源は室町時代。「親の恩はもったいなく候」「捨てるにはもったいない」
と言う様に2通りの使い方があるが、元は同じだろう。

研究室で学生達がティーバッグをそれぞれ使おうとした。
「一つあればいい」と忠告すると
一袋一人前とかいてあるという。
「それでは、君たちは一人前かね」と聞き返した。

私の家では、やかんに一つ入れて家族全員で飲む。
少々薄くても、結構かぐわしい。

先日、テレビでショッキングな料理番組を見てしまった。
卵の白身を流しに捨てる若い料理師。
助手が「もったいない」と言うと
「そんな事では、料理はできませんよ!」とのたまった。
今年のタイ米騒動もしかり。飽食日本も極まれリ…か。

私は若い頃、六畳4畳2間のアパートで暮らした。
6人家族だが子育てには最高の環境だった。
子供はもみ合い、取っ組み合いをしながら、
濃密なスキンシップができた。

夫婦もお互い逃げ場がないから、
喧嘩もすぐに収まった。
暖房費も安く付く。
文字通り身を寄せ合って暮らすから
家族の絆も強まった。

要するに身の丈の生き方である。

一人でエレベーターに乗る無駄。

車に乗るより歩く方が健康に良い。

背広も友のおさがり。

ちなみに私の学問研究は、「ことばの間違い」である。
誰もが捨ててしまう間違いのデータは、
私にとっては宝物。
そこから学生の苦労が見えてくる。


子供がかわいければ、
物に不自由させるのが親心だと思う。


息子のランドセルは、12年使った後、
今は、文集入れにして永久保存している。
二女が新しい石けんを使う時、古いのをペタッとくっ付けた。
おじいちゃんの直伝だ。

小遣いも少ない方がいい。
安くていい物を選ぶ訓練になる。

母は、こんなシャレを話していた。
「ホシいホシいと上見て暮らせば空には星がいっぱい!」
つまり…ほしいものだらけ」

妻が鯛の頭を買って来た。
「ここが一番うまい!」と言いながら
みんなで突いていたら、長男がつぶやいた。
「今頃下の方は、どんな人が食べてんのやろうか」

少々わびしくても「もったいない」が合い言葉の
つつましやかな家庭がいい。


あなたの家に「もったいない」が生きていますか?

一年間お読みいただき、
ありがとうございました。
もったいない気持ちでいっぱおです。

(おわり)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ふたご亭は当時、商売に失敗して
子供には肩身の狭い思いを一杯させた。

まさに…この記事に書いてる通りの生活を
「もったいない」と思ってではなく……
必然的にやらざるを得なかった。


そんな折り、母にいつも言われた言葉。


苦しくても不足を言ったらだめ!
どんな小さな事でも喜んで通って行きなさい。

子供だけは、苦労させたくないなんて思うのもダメ!
子供と一緒に苦労して乗り越えなさい。



この新聞記事の暮らしと
母の言葉と…
その頃の私達の境遇が何もかも重なって……


今読み返しても
あの頃の苦労があったから
今が有るんだな〜
逃げずに乗り越えてよかった!
そんな25年前の若い私に
ついついエールを送りたくなるような内容だった。



娘は大人になった今でも不足を言わない。
一円でも安い物を買い、
無駄使いをしない。

思いつきで何でも買う私が
買った事すら忘れて腐らせた野菜を見る度

娘達からの「もったいない」攻撃!!


身の丈の生活をこれからもずっと
心がけて行こうと再認識した
いい記事だった。




※1994年12月の記事により
少々古い内容が見受けられますがご了承ください。

| 未分類 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 懐かしのファックス通信(3)&9月のデザート

プリンターの不具合で
9月のデザートメニューが印刷できません。
楽しみにしてくださってる方のために
取りあえずブログに報告しておきますね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

12日………コーヒーゼリー
19日………白玉あんみつ
26日………ヨーグルトババロア(マーマレード添え)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−








亡くなって……もう4年も経つのか〜

映画評論家、水野 晴郎さんの訃報に
思いを寄せて書いた文です。


IMG_0700.jpg




貴重な体験でした。


164センチの私よりも小さかったけど……
態度はデカかったな〜
お酒をがぶがぶひたすら飲んでた……。

……てのが第一印象。




「いやあ!……映画って本当にいいもんですね」


とテレビの向こうでニコニコ笑って言う彼とは、
全くの別人に思えました。












| フタゴ亭 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。